Yokohama Life by relaxage

relaxage.exblog.jp
ブログトップ

鍼と(内)出血について

10時現在

室温 26度
湿度 60%
気圧 1040hPa

の室内からお届けしておりま~す。

さて、昨日、ツイッターで気になるつぶやきを見つけました。

『鍼を受けた友人が
 外から見えるところに内出血ができてしまったので
 マッサージにしてほしい』

内出血をさせてしまったのは
その話を聞いた鍼灸師さんではありませんが
まずはあやまり、そして、鍼について、内出血についてお話させていただき
安心された、とのことでした。

このつぶやきは
鍼灸師、あんま師、指圧師、マッサージ師、柔道整復師さんが
東北の被災地へ赴き
市民の方、お役所の方、医療現場の方などに治療をさせていただく
お手伝いをしている団体の方のものでした。



『鍼と内出血』


内出血とは、皮下で発生した出血が表面に出てくることです。

お尻やすねなど
知らない間にぶつけたのか
紫っぽいアザができて「あれっ?」ということが、よく、あります(笑)

皮下にある毛細血管が傷つき、それが皮膚に紫っぽくでてくるんですね。

皮膚に何らかの刺激を与えると
体質的に内出血になりやすい方もいらっしゃるようで


先日も

「この間もマッサージに行ったんだけど、どんな優しくても内出血するのよね~」

とおっしゃる方がいらっしゃいました。

念のため、病院へ行って検査していただくようにお話させていただきました。

d0164246_1171238.jpg



今までも十分気をつけているつもりでしたし、まだ(内)出血の経験はありませんが
(気づいてない?報告がないだけ?)
今後の施術に関して、よりいっそう、気をつけていきたいと思います。


・ワーク前
内出血のできやすさの有無
血液の病気の有無
それに関する薬を飲んでいるか


・ワーク中
刺激量の調節(強すぎませんか?いかがですか?と声掛けしながら)
血管が集まっているところはできるだけ刺激しない


・ワーク後
施術した場所の確認
自宅に帰ってから、内出血を見つけたら連絡してもらう


・その他
ワーク中に(内)出血したら
場所とどのくらいの出血をしたか説明し
押さえながら、少し冷やさせていただきます。


おいでいただいた方に
笑顔でお帰りいただけるよう
これからも精進していきたいと思いますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

d0164246_1113980.jpg


=================
カラダも素顔も年齢未満。
神楽坂 はりとお灸 女性専用
RelaxAge. (リラクサージュ.)
Yasukoがお届けしました。
=================
[PR]
by relaxage | 2011-08-02 11:14 | RelaxAge的life